さて、インフルになった友人O君はすっかり元気になりましたが、
彼が帰った後、なんか節々が痛い気が‥。

と言っても、対策はしっかりしたはずだし、
自分がインフルエンザにかかるなんて、と頑張っていたつもりでした。

で、次の日、やはり熱っぽい‥。

仕方なく熱を測ってみると‥

37.7度

ガビーン。

ショックでした‥。

でも、インフルエンザなら高熱なはずだから、
38度とかいくはず、とインフルエンザではないことを、
なんとか自分に言い聞かせていました。

その日はとりあえず家で休養し、
次の日の朝熱を測ります。

36.8度

あれ、下がってる!?

これはもしや単なる風邪か!
と内心かなり喜んでいたのですが、
やはり検査はしておいた方がいいとの事で、
仕方なく近くのお医者さんまで行ってきました。

検査方法は全く知らなかったのですが、
心拍数や状況など聞かれて、

「熱も下がってきたので多分インフルじゃないと思いますが‥」

と勝手な意見をいいながらも、

お医者さんは「じゃ、一応インフルの検査をしておきましょう」

と、何やら綿棒のようなものを取り出し、
さっさと鼻の中に入れていきます。

で、その綿棒が長い!!!

15センチはありそうな綿棒が、
鼻の奥へとずんずん入ってしまいます。

いやー、今まで感じたことのない嫌な感触でした。

後ろで看護婦さんたちも見てるし、
かっこ悪い所は見せられないので、
グッと涙も我慢し、男らしい所を見せつけておきました(笑)

それにしても、奥に入れてからぐりぐりやられて、
かなりつらかったです‥。

痛いというか、なんか本当に変な感じで、
その後二日ぐらいは鼻に違和感が残っていました。

肝心の結果は15分後に出るということで、
検査室の外でしばし待ちます。

「OOさーん、お入りください」

と看護婦さんの声。

お医者の第一声は、

「やっぱりもらっちゃいましたね‥」

ということで、A型のインフルに感染していたのでした。

「熱は下がってもまた上がることもありますので、
ちゃんと薬は飲み続けてください。」

と、タミフルを五日分処方されました。

その他にも鼻水を抑える薬やら、
咳を抑える薬を出されて、
なんか一気に病人になりましたね‥。

その後、お金を払い薬局へ行き薬をもらってから、
とぼとぼ自宅へと帰りました。

その後の3日間は自宅でずっと寝ておりました。

幸いだったのが熱がそれほど上がらなかったこと。

2日目の夜に後頭部がかなり痛くなって、
鎮痛剤を飲んだのですが、
それが一番苦しかっただけで、
後は順調に回復しました。

いやー、軽く済んで本当に良かったです。

平熱になって2日たてばもう他の人に感染する心配はないようですね。

なんか今はB型のインフルも流行っているようです。
高熱が長引くらしいので、是非お気を付け下さい。

あとは、ぎっくり腰を治さなければ‥。

あー、歳をとるのって嫌ですね!!

リハビリ通い中なので、またそちらの状況もご報告します。

では、良い週末をお過ごしくださいね!