今日RISAさんのブログを読んでいて、
すごーく共感できたのでその事を書いてみます。
それはアメリカに住んでいる日本人の子供達の事です。
そんな子供達をROSHIはある意味すごく尊敬しています。
RISAさんも彼女のブログの中で、

毎週土曜日には日本語学校に通っていました。土曜日の午前中と言えばアメリカではアニメーションなどの子供向け番組が放送されます。それを観ることができなかったという、とっても残念で悔しい思いをした記憶があります。

ボストンにも日本語学校はあって、
多くの日本人の子供たちが通っています。
平日は地元の学校があるため、
彼らは休みの土曜日に日本語学校に行かなければなりません。
これだけでもすごく努力が求められますよね。
それに加えてあまり使わない日本語、
特に漢字なども勉強しなければなりません。
自分には、ある仲のいい家族がいてその子供達の、
日本語学校の宿題を手伝ってあげるのですが、
かなり高レベルな事を勉強してます。
日本だったら週5日かけてやる事を、
彼らは1日しか授業を受けられません。
それに加えて宿題もかなりの量です。
本当にこの努力はすごいと思います。
逆に考えれば、日本で毎週土曜日英語学校通って、
英語を話せるようにすると同じことですもんね。
ROSHIには到底出来そうもありません‥。
でもこれは絶対に良い結果になると思います。
いろんな意味で‥

すごく人生のいい勉強になると思うんです。
RISAさんも述べているとおり、
二つの文化を同時に学べますし、
物事に対してもっと大きな見方が
出来る大人になれると思うんです。
二つの全く違う文化、言語の中で生活していく、
彼らの努力は並大抵の物じゃないはずです。
もちろん子供達にとっては大変かもしれませんが、
是非親の皆さんはそんなお子さん達を褒めてあげて下さいね!