久しぶりに、「あばよ アメリカ」ブログに対するコメント。
今日のエミリーさんのブログはATMに関して。

アタシは、ATMで預金はしない。
一応できるのだが、金を盗まれる可能性があると聞いて、
アメリカに来てから一度もしたことがない。
日本のATMは、機械に直接お金を入れて、その場で機械が数える。
しかし、アメリカのATMは、預金するとき、封筒にお金を入れて、
封筒に金額を記入し、それをATMに入れる。
その場で数える機能はない。
そんな機能では、
銀行の人間が、封筒を開けて、お金をとれるではないか。
実際に、これが起こった。
数百ドルもとられたという。
こんなことを聞いたら、もうATMは信用できない。

ROSHIは毎回ATM使って預金します。
もう軽く100回以上は使っていますが
1度も問題を抱えた事はありません!
封筒にお金を入れると共に、
自分の金額を入力するので盗まれるっていう心配は、
ないと思いますが‥。
アメリカって結構個人の良心に
任されている部分が多いんですよね。
1クリック応援お願いします!

なぜかというと‥、

アメリカって基本的にはキリスト教の国だからです。
つまり、何をするにしても神が見ている、
だからその事を念頭において、個人で考えて行動しなさい、
という考え方なんだそうです。
例えば、コミューターレール(通勤列車)には、
改札口なんてありません。
乗ってからお金を払います。
隠れる事なんて簡単にできます。
マックのドリンクもほとんどのところでは、
セルフサービスで自分で注ぎます。
ドリンクを飲みまわししようと思えば、
いくらでも出来ます。
ガソリンスタンドでも、現金の場合、
ガソリンを入れてからお金払います。
だから、入れたら即効で逃げる事も出来ます。
(した事ありませんよ!)
このように、今でもアメリカでは、
個人の良心に任されていることが多いんです。
もちろん時代は変わってきて、残念ながら、
良心がなくなっている人が多いようですが。
でもこういう面でまだアメリカは純粋なんじゃないかな。
日本人だとそれが不安っていう方もおられるようですが‥。
そんな風に思いました。
皆さんからのご意見もお待ちしております!