JUGEMテーマ:アメリカ生活

 

2001年9月、あるアメリカ人と出会いました。

彼は、背が190センチ以上あり、かなり大柄な白人でした。
眼鏡をかけていたので、どちらかと言えば甘いマスク?と言えるかもしれません。

そんな彼と初めて出会ったのはある集まりにて。

まだ英語でのコミュニケーションもままらないroshiでしたが、
彼の理解しようとしてくれる優しさだけはわかりました。

その頃roshiは自立できるアパートを探していたのです。

渡米して3カ月ほどは学校の紹介してくれた所にホームステイしていました。
ホストマザーの方もとても優しい方だったのですが、一つ問題が。

それは、食事

ある程度覚悟はしていましたが、食事は2日間全く同じものが出るんです。
しかもほとんど冷凍食品のパスタと豆。

いやー、最初は良かったんですが、だんだん辛くなってきて、
そのうち全く口に出来なくなってしまったんです。

幸い近くに日本食レストランがあったので、
出された食事を口にせず外食するようになりました。

これは辛かったですね。

roshiはそこまで食べるものにはこだわらないのですが、
それでもしばらくの間パスタと豆は食べれなくなりました‥。

そんな事もあり、一日も早く出るためにアパートを探していたわけです。

そんな時に、やはりアパートを探していた一人のアメリカ人に出会い、
意気投合して、一緒に探すことになったわけです。

初めてのアパートを見に行くために電話連絡した時の事は、
今でもはっきりと覚えています。

英語が全く駄目だった上、電話だとさらに難しい。

そんなときに彼から電話がかかってきたのですが、
さっぱり何を言ってるのかわからないし、何を言っていいかもわからない。

彼はなんとか伝えようと必死になって、

“5PM, in front of xxxx building!!”

と説明してくれて、なんとか理解したのを覚えています。

そんなこんなでやっとアパートを見に行くために、
落ち合うことができたわけです。

その後もハプニングは続きます‥。 

つづく。