7年連続で3万人を超す日本人が自殺しているそうです
単純計算して、1日に80人以上の人が自殺していると言う事です。
どうしてか?
いろんな要因があると思いますが、
一つには日本の文化が関係しているのではないでしょうか。
留学生の皆さんや、アメリカ在住の方なら、
日本の文化がすごく特有なものである、
という事を感じる事があると思います。
日本は‥

COLLECTIVIST CULTURE
という文化を持っています。
いわゆる
集団主義
意味は次のようになっています。

Personal goals less important than community goals and interests.



個人的な目標や関心よりも集団の目標や関心を優先させる。


思い出してみると、
学校も制服があるし、校則も厳しかったし。
自分の個性を伸ばすよりは、
集団としてうまくやっていくようにっていう
教育が基本でした。
これってかなり無理のある文化なんではないでしょうか?
もちろん、この文化ならではのよい点もたくさんあると思います。
アメリカ人はグループワークが本当に苦手ですからね‥。
でも、仕事であれ学校であれ、
他の人と関わる事が日常茶飯事なんですから、
いつも他の人の事ばっかり考えていたら、
そのうち自分がどうでもよくなってしまう。
そして、それが極端に積み重なった時、
自殺という手段を選んでしまう。
そんなパターンが見られるのではないでしょうか。
もちろん自殺には他のいろんな要因がある事はわかります。
すべてがこのパターンではないでしょう。
でも、ROSHIの個人的な考えですが、
日本ももっと自分の意見や目標をはっきり持って、
それを社会の中でもっとオープンに出来る文化に
変えていく必要があるのではないでしょうか?
立場や年齢にかかわらず、周りの人も
個人的な意見や目標を尊重する必要があるのではないか、
自分を好きになれる環境を作る。
そんな必要があるように思います。
だって、年間7千人ほどが亡くなっている交通事故だって
死者数を減らそうって、いろんな対策がなされていますよね。
その4倍以上の方が亡くなっている自殺対策を、
もっと考えていく必要があるのではないでしょうか。
もちろん文化を変えていくなんて難しいかもしれませんが。
ちなみに米国の自殺率は日本の半分以下です。
今日は少し重い話題になってしまいました。
ご意見ご感想があったらお気軽に。