JUGEMテーマ:日記・一般

こんにちは!
けん引免許の教習してきました。
人生初体験のけん引自動車の運転です。
ギアをニュートラルにして、ブレーキ踏んでエンジンかけます。
2速に入れて、周囲の確認して発進します。
久しぶりの大型車だったので最初はぎこちありませんでしたが、
外周を何周かしたら感覚が戻ってきました。
前進は大型車とあまり変わりませんね。
左に停車してみますが、縁石との離れは30センチ以内に。
番号が書いてあるサインの所ギリギリにバンパーを寄せます。
これはそれほど難しくありませんでした。
久しぶりに気づいたのが、大型トラックは前輪がほぼ真下にあるので、
かなり前に進んでもタイヤまでは余裕があります。
この感覚を覚えておくといいですね。
1時限目の教官はちょっと年配で、細かく指導してくれます。
さて、さっそくけん引自動車一番の難関バックに挑戦です。
最初は直線バックをするように言われ、
ギアをバックに入れ下がろうとしますが、
なかなかまっすぐ下がってくれません‥。
後ろが右に降れたら少し右にハンドル切って、
左に降れたら左にハンドル切るように言われ、
その通りにしますが、ガクガクしちゃいます。
うーん、難しい。
しかも後ろ向いてやるので首が痛い‥。
10回くらいはやったでしょうか。
じゃあ次は方向転換をしましょうとの事で、
またコースに戻ります。
まだバックもままならないのに大丈夫か‥。
とりあえず言われた通りコースを走り、
左手にくぼみがある状態で方向転換します。
大体の止まる位置のアドバイスを受け、
左へ下がっていくので少し右にハンドルを切ります。
そしてゆっくり下がっていく。
角度が45度くらいになったらハンドルを戻し、
後ろを押し込んでいき、半分位入ったら、
ハンドルは左に切り込んでいきます。
言われるがままやり、すんなり入りました。
でも、自分で何やってるかわからない‥。
とりあえずイメージしながら次は自分で考えてやってみます。
1時限目の教官の際は、5、6回やりましたが、
すべてうまく行きました。意外に簡単??
いや、そうでもありませんでした。
あっという間に1時限目が終わり、
元の場所へ停車し、ギアをバックに入れて、
サイドブレーキひいて、エンジンを停止します。
さて2時限目、先ほどとは違う若めの教官。
気さくな感じですが、世間話が多い‥。
もっといろいろ教えてほしいのに。
とりあえず、また方向転換をやります。
さっき教えられたとおりにやろうとすると‥、
あれ、なぜか動きがちがーう。
どうしても入れられなくなってしまいました。
でも教官は黙ってます。
うーん、何度か切り返しても、
うまく行きません‥トホホ。
なんとかできたけど、ポールギリギリだし。
おかしいなー。
何回か繰り返してやりますが、
なかなかうまくいかないーーー。
プレッシャーに弱いみたいです。
黙って見てられる方がプレッシャーですね。
試行錯誤していると、
やっとポイントを教えてくれました。
止まる位置と、始めのハンドルさばきが荒いみたい。
もうちょっと滑らかにやってみます。
おー、比較的スムーズに入っていきます。
なるほど、ちょっとコツがわかった気がします。
そうこうしているうちに、時間が来てしまいました。
でも、今回学んだ事は大きいです。
左後ろに入って方向転換する際のコツは‥
※最初の折れを作る際にハンドルを右に切り過ぎない。
※少し後ろが折れて来たらすぐに左に戻す感じでよい。
※折れ角を一定にする。ハンドルを動かさないように我慢!
※ゆっくりバックする。
※後ろがくぼみに入って行ったら、ハンドルは左に切り始める。
この時点では切り過ぎないように注意する。前が乗り上げる可能性あり。
※さらに下がったら左一杯にハンドルを切り、トラクターと台車を一直線にする。
※一直線になったらハンドルをまっすぐにして、ゆっくり下がる。
※右か左に降れたらその方向にハンドルをほんの少し切って調整。
ここで切り過ぎたり戻すのが遅れると、さらにおかしい方向へ行ってしまいます。
※ポールギリギリまで下がって、一旦停止。
※内輪差に注意しながら、右に出ていく。
こんな感じで、ハンドル操作に対して動きがとても敏感なので、
ゆっくり少しずつ動かすのがコツのような気がします。
てなことで、あっという間に2時間終わってしまいました。
今後もずっとバックの練習をしていくそうです。
あー、首が痛いけど、ちょっとわかってきたから楽しい!!
明日も2時間頑張ります(^_^)