JUGEMテーマ:日記・一般

こんにちは。
今日もけん引免許の教習を2時間してきました。
2時間で30%くらいコツをつかめたかなって感じだったので、
今日で50%くらいコツをつかめるように頑張ろう。
さて、3時間目は若めの教官でサングラスが似合ってます。
今日は教官の模範運転から。コース1を解説付きで走ってくれました。
試験開始場所から始めます。
まず乗車する際、助手席側から一番後ろまで確認して、
前に戻ってフロントを通って確認してから乗車します。
乗車したら、サイドミラー、バックミラー、椅子など調整して、
シートベルトをします。
周囲の確認をしてから、ニュートラルに入れ、
クラッチとブレーキを踏んでからエンジンをかけます。
そのままコースを走ってみます。
S字は初めてでしたが、何とかクリアしました。
3時間目で学んだことのポイントは以下の通り。
※外周の直線では4速までしっかり上げ、カーブ手前で3回ポンピングブレーキ
※カーブでは2速に落とし、ゆっくり曲がっていく。
※車の特徴として、2速から3速が入りずらいので、ゆっくり変速する。
※ハンドル操作はバック以外は基本的に両手で行う。
※確認は大げさに、しっかり行う。
※一時停止はサイドミラーが停止線の手前に来る感じで止まる。最終地点の停止はバンパー手前。
※見えにくい交差点は2段階停止をする。
※方向指示器は30メートル手前で出す。左右確認を忘れずに。
※S字は大回り目で。バンパーがはみ出しても構わない。
※S字は断続クラッチでゆっくり通過する。
こんな感じでしょうか。
さて、4時間目です。今回も比較的若い教官です。
メインはやはり方向転換です。
この教官はコツをしっかり教えてくれました。
※左後ろへの方向転換の際、左から1メートル以内で停止。離れすぎない。
※止まったら動き出す前に右に一回転ちょい位ハンドルを切っておく。
※バックに入れ周囲確認をしっかりしてから、ハンドルを右に1回転ちょい切ってゆっくりバック。
※車体が「へ」の字になった時点でハンドルをまっすぐに戻して押していく。
※車体がもう少し角度が付いてきたら一回転戻してさらに少し押す。
※車体がくぼみに入り始めていいタイミングで左一杯に切って車体をまっすぐにさせる。
→このタイミングがまだはっきり理解できてません‥。
※車体がまっすぐになったら右に二回転切ってハンドルをまっすぐに戻して、後ろギリギリまで下がる。
この最初の折るきっかけを作るタイミングと、
ハンドルをまっすぐに戻すタイミングはわかってきたのですが、
その後のハンドルをさらに左に切っていくタイミングがまだつかめてません。
ここをもうちょっと練習しないとダメだな。
あー、もっとできると思ったのに、意外に難しいです!
一日10時間位教習できればいいのに、2時間までって短いです。
次の教習は来週の火曜日なので忘れないでイメージトレーニングしないとね。
そんな感じで今日も2時間あっという間に終わってしまいました。
また来週再来週は東京出張なのであまり教習ができない。
忘れないようにしないとな。
今日はそんな感じでした。