JUGEMテーマ:日記・一般

おはようございます。
沖縄はまだまだ暑いです。
熱帯夜が続きますね。
さて、昨日けん引免許の教習を2時間してきました。
5時限目は見きわめでした。
コースを指示通りにまわっていきます。
方向転換も一応こなして、無事見きわめ合格(^_^)
その後はひたすら方向転換の練習です。
正直いまだにハンドルを切るタイミングがわかっていません。
ウェブサイトでリサーチしてタイミングなどをつかもうとするのですが、
やはり頭で覚えようとしてもダメですね‥。
微妙なラインどりで車の動きはすぐに変わってしまいます。
うーん、これは体で覚えないとだめか。
あっという間に5時限目も終わり、もう一時間乗ります。
次は初めての女性の教官。
気さくそうです。
何がわからないか説明して、
そこを徹底的に練習することに。
もちろん方向転換のハンドルさばきです。
最初は説明を受けながら、車の動きを確認しながらやります。
うーん、60%くらいわかった気が。
さらに何度も繰り返します。
説明を要約すると、
※逆ハンドルで曲げのきっかけを作ったら、ハンドルをまっすぐに戻してもどんどん曲がっていく。
※曲げの角度を見ながら、ある角度まで来たらハンドルをさらに戻し押していく。
※曲げすぎると修正がきかなくなるので注意
※まっすぐ戻すのにも時間がかかるから、その分を計算してハンドルを一杯に切って戻す。
※感覚としては押しながら曲げを微調整して最終的にくぼみに収めていく。
※最初から一杯に曲げてしまうと、修正するのが困難になるので注意。
※安全確認の声出しも積極的に。「左ヨシ、右ヨシ、右後方ヨシ!」
と、こんな感じでした。
6時間目でようやく70%くらい感覚がつかめてきた感じです。
やっと曲げをキープするっていう感覚がわかってきた感じがします。
そして曲げを微調整する方法もわかったかな。
この二つの感覚を完璧にすればどんなバックにも対応できるはず。
この感覚を忘れないでおこう。
次の教習はちょっと間が開いてしまうのですが、
イメージトレーニングをして忘れないようにします。
ふー、ようやく半分まで来たので、後半も頑張ります!