さて、昨日は盗作に関して書いたのですが、
実はその話には続きがあるんです。
皆さんは先生に好かれるように努力していますか?
もちろん、それは先生に賄賂?!を送ったり、
特別に扱ってもらおうって努力する事じゃありません。
簡単に言えば、先生から言われたことを、
ちゃんと努力してやっているか、
という事です。
言われた事を努力してやれば、
必ず先生から好かれることでしょう。
例え、いい点が取れなかったとしても、
努力を見せる事は大切です。
ただし、
いい点が取れない=努力してない
と判断されてしまう事もありますので‥。
ところで、この事を逆に考えてみると、
いくらいい成績をとっても、
先生から嫌われたらどうなるか??
もちろん、普通に勉強していれば、
嫌われるという事は稀だと思いますが。
でも、ROSHIはある体験から、
先生に好かれる重要性をすごく知ったんです。
次のような事があったんです‥。
今日も応援よろしくお願いします!

それはビジネスのクラスでの事です。
そのクラスにはすごーくプレゼンのうまい、
一人の男子の生徒がいました。
彼は、クラスの中でやるグループでの課題のまとめ役なども、
積極的に受けたり、発言などもバンバンするような、
かなりのやり手でした。
でも、なぜか知りませんが、先生と合わないんです。
周りから見ていると、なんかライバルのような関係‥。
生徒と先生なんですが、そんな風に見えます。
その悪化した関係が頂点に達したある出来事が。
それは彼が最後のグループワークでのプレゼンでの事。
最初は、彼の格好から反抗の精神が。
プレゼンターはジーンズは禁止、
できれば、スーツとネクタイが望ましいと告げられていました。
ところが彼はジーンズで登場。
この時点で先生はかなり機嫌悪し。
プレゼンが始まり、彼のスムーズな話が進んでいました。
ところが、彼が個人的な経験を話し始めたところ、
(もちろん内容の補足の為で、世間話していたわけではありません)
突然先生が彼の話をストップさせて、
ペーパーに書いた事意外は話すな!!
と、かなりきついお言葉を。
その後、彼は気分をもちろん害し、
他のメンバーに引き渡してしまいました。
ストーリーはここで終わりません。
なんと、彼のグループでペーパーの盗作疑惑が。
結局、彼のグループのペーパーのグレードは0点になりました。
でも、疑惑が出たのは彼のグループだけじゃなかったんです。
他のグループは先生を納得させる事によって、減点だけで済みました。
もちろん、彼のグループも納得させようとトライしたに違いありません。
でもそれはうまくいかなかった‥。
確実に、先生に嫌われていた事が、
一つの原因であるに違いないでしょう。

ROSHIはこんな事があったクラスは初めてだったんですが、
いろいろ今セメスターを通して学びました。
ちなみに、その先生かなりの生徒から嫌われています。
もちろんクラス内でそれを出す人は稀ですが‥。
とりあえず、嫌いな教授に当たっても、
心に秘めておく事をお勧めします。
いくら実力主義のアメリカとはいえ、
先生に好かれるのは非常に重要な事です。