アメリカ在住の皆さん、こんばんは!
日本の皆さん、こんにちは!
さて、今日はご質問の多いこの点について書いてみます。
留学手続きの方法。
留学を検討しておられる皆さんなら、
必ず考えなければいけない事ですね。
まずROSHIがどのように手続きしたか、その経験から。
経験を読む前に今日の
ランキング何位かな?

ROSHIが留学を決めたきっかけはこちら。
ROSHIは2001年の4月にアメリカに渡ってきたのですが、
先日も書きましたように、準備期間はかなり短かったんです。
最初は留学なんて検討も付かないし、
アメリカに知り合いもいない、
どうしようか??って途方に暮れていました。
とりあえずは、留学関連の雑誌を買ってみました。
幾つか雑誌があったので、適当に買ってみて、
いろいろ調べてみたんです。
その後、アメリカに友達が居る友達に、
アメリカの事を教えてくれーと助けを求めたりもしてました。
何しろ土台がなかったので苦労しましたが。
でも最終的な手続きは、最初に買った雑誌の機関を使って、
手続きを進めることにしたんです。
その機関はアメリカを代表として、海外の学校への手続きを
すべて代行してやってくれる会社でした。
住まいは語学学校を通して、
最初の数ヶ月だけ決めてもらいました。
その後は自分でアパートを見つけました。
この、留学関係の機関を通して手続きするのは、
アメリカに全くつながりのない人にはお勧めの方法です。
会社が書類などをすべて揃えてくれますので。
そして、書類(I-20)が送られてきてから、
ビザを申請して学生ビザを取る事ができました。
学生ビザはどこの機関も通さずに、
自分で取る事ができました。
代行してくれる会社もありましたが、
お金節約の為に自分でやったんです。
今ではビザの取り方も2001年の頃からとは、
変わっているようですので、ご注意くださいね。
心配でしたら、専門家に頼む事をお勧めします。
最初は語学学校への手続きはすべて、
代行会社を通してだったので、楽でした。
その後、大学への入学はすべて自分です。
書類集めから、書類記入、健康診断書など、
すべて自分でやりました。
語学学校にかなり長く居たので、
その頃は英語の書類にも慣れていたので、
特に問題はありませんでした。
もちろん何度も学校に通ったり、
銀行残高の書類を取り直したりと、
かなり苦労しましたがね。
そんな感じで、留学手続きのベストな方法ですが、
アメリカに既に何らかの形で住んでいる方には、
ご自分で手続きされる方が勉強にもなりいいと思います。
ほとんどの方は日本におられると思います。
そのような方には、まずは留学関係の本や、
留学関係のブログやHPもたくさんありますので、
そのような物を使って調べる事をお勧めします。
大学などに留学される方は、
その大学のHPを調べると、必ず留学生用のページがあります。
そこに手続きの方法が書いてありますので、
英語が得意で自分で出来る自信のある方は、
自分で直接大学に申請する事も出来るかもしれません。
ただ大学の場合、一度ですべての書類が揃う、
っていう事は難しいです。
ROSHIも手続きの為に何度も大学に行き来しました。
それで、海外への郵送のやり取りだと、
かなりの手間と時間が掛かることを
覚悟しておいたほうがいいかもしれません。
ROSHIも最初の頃留学経験者から言われてきたのですが、
できる事は自分でとにかくトライしてみる事が大切です。
分からない事はもう分からないって諦めるんじゃなくて、
分かる人に質問すればいいんです。
それでも分からなければ、もっと質問する。
そのくらいの粘り強さが求められます。
そこでくじけたら留学生活はやっていけません。
ですから、代行機関を通すにしろ、
自分でやるにしろ、とにかく粘り強くね!
すべてがスムーズに行くなんて思ってない方がいいですよ!
別に脅かしているわけじゃないので‥。
是非いろいろ調べて留学を成功させてくださいね!
質問はいつでも大歓迎です[:嬉しい:]
それでは1クリック応援してから、
留学手続きにさっそく入りましょう!


留学関係の本を幾つか紹介します。